プロフィール

kyara*           

Author:kyara*           
気の向くままののんびり更新ですが、よかったら寄り道していってくださいね。
リンクの際はメールフォームより一言いただけると嬉しいです。

最新記事
カテゴリ
タグ

雑貨 アンティーク オゥフィルドゥロウ  ランチ スイーツ hal コスメ 植物 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと使っていたテンプレートが削除されたみたいで。。

気に入るものを探し中です。




スポンサーサイト

日本じゃないみたい。。

1018.jpg

ちなみに、手前の二人はKOH&KAN。
ちょっといい感じ。




突然。。

ガタガタ家が震えた。。

 これは、近い。

そう思った。

津波の心配をしたけれど、こんなもんじゃないと思ったので、冷静に地震情報を確認。

 やっぱり駿河湾だ。。

漁に出ている旦那に電話。

出ない。というか、つながらない。

でも海に居るほうが安全らしいので、実際は私達のほうが即行逃げなくては。。


自然は、本当に怖い。



やっと

年度始めは行事が多く、毎日バタバタで過ぎていきました。
体の疲れが取れない感じが続いていたような。

いつも子供たちや誰かと一緒でささっとしていたけれど、先週の平日、一人でお墓参りに行ってきました。

葬儀以来初めてのことだと思います。
ゆっくり掃除をして、好きだった花を活けて。

お線香の火が進んでいくのをじっと見ていたら、ぼろぼろと涙が溢れてきた。
何かを思ったわけでもなく、考えていたわけでもないのだけど。

多分、ずっと一人で行きたいと思っていたのだと思う。

帰るころ、ああ、やっと落ち着いたな、と思った。




いろいろ思うこと

13日、母が他界しました。66歳でした。
2年3ヶ月の入院生活から脱することなく逝きました。
今年始めに、「もってあと1週間」と言われてから持ち直し、少し期待していた矢先でした。

覚悟はしていたものの、あと10年は生きていてほしかった。。


告別式に、友達のお母さんが来てくれました。
小さい頃からお世話になっている方で、どこか私の母に似ています。

その方は、母と同じ手をしていました。
働き者の手。

「長生きしてほしいな」と思いました。


今は、自分の悲しみより父親が心配。。
母は、父が大好きで、とても大切にしていました。
「お父さんがいなくなったら、お母さんは生きていけない」と、よく私にもらしていたっけ。

でも、病院に通う父を間近で見ていて、父も母のことが本当に大事なんだな、と。
「夫婦だから」という言葉では片付けられない想いがあるのだと感じました。

弔辞で母に約束した通り、これからは兄と私、周りのみんなで父を支えていかなくちゃ。

これからせっせと通おうと思っています。













お友達&SHOP リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。